歯医者で活用されるマイクロスコープ

バナー

歯医者で活用されるマイクロスコープ

歯医者の治療は、肉眼に頼って行われていました。

見えない部分の虫歯の取り残しがあると、そこからまた再発してしまうので、削る量は多めになることがあり、健康な歯を削ることもありました。

丁寧に治療しているつもりでも、歯の中にある神経は枝分かれしているので、取り切れないで治療後に痛みが出てしまうこともありました。

そこで、最近マイクロスコープを活用している歯医者が増えています。

Yahoo!知恵袋の最新情報ならこちらを参考にしてください。

マイクロスコープとは、顕微鏡と言う意味で、肉眼で歯見ることのできない細部まで拡大して見ることができるので、精密な治療に役立ちます。



虫歯になっている部分と健康な歯との境目もはっきりと分かるので、無駄に削ることがなく、最小限の治療で最大の効果を得ることができます。

今まで経験に頼っていた神経の治療も、実際の様子を見ながら治療できるので、再発のリスクが軽減します。

また、歯医者では虫歯以外の治療にもマイクロスコープを使ってます。
見た目をきれいにするための審美歯科では、ミクロン単位の精度が求められますが、マイクロスコープを使うことで自分の歯との境目が目立たない詰め物を作ることができます。

マイクロスコープの歯科について親身になってアドバイスいたします。

歯茎を切開するような外科手術や、インプラント治療でも精度が高い治療が行えるので、術後の痛みや腫れが減るなど患者さんにとってうれしい効果があります。
もちろん、治療の予後も良くなるので、患者さんにとっては身体的な負担も少なく、回復が早いなどのメリットがあります。